停電時も使用可能 日本の自販機は有事の“災害ロボ”だった

公開日:

 全国に250万台以上が設置されている自動販売機。国民50人に1台とはすごい数だが、これが災害時にフル稼働して支援に回ることはあまり知られていない。

 コカ・コーラの自販機には電光掲示板が付いていて、非常時には災害情報をテロップで流す仕組み。自治体からのお知らせやニュースなども速報される。

 一方、アサヒ飲料の最新型自販機には非常用バッテリーがあり、パソコンや携帯の充電、テレビの視聴などに使える。サントリーなど他の自販機も災害時協定で中の飲料は無料で配布。帰宅困難者が途中でノドを潤すことができる。

 もちろん、多くの自販機には非常用電源があって停電時も使用可能。街灯が消えて暗闇の中、夜道を照らす役割もある。細かいところでは、自販機には必ず住所表示が付いているので、道に迷った場合は位置を確認できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る