停電時も使用可能 日本の自販機は有事の“災害ロボ”だった

公開日: 更新日:

 全国に250万台以上が設置されている自動販売機。国民50人に1台とはすごい数だが、これが災害時にフル稼働して支援に回ることはあまり知られていない。

 コカ・コーラの自販機には電光掲示板が付いていて、非常時には災害情報をテロップで流す仕組み。自治体からのお知らせやニュースなども速報される。

 一方、アサヒ飲料の最新型自販機には非常用バッテリーがあり、パソコンや携帯の充電、テレビの視聴などに使える。サントリーなど他の自販機も災害時協定で中の飲料は無料で配布。帰宅困難者が途中でノドを潤すことができる。

 もちろん、多くの自販機には非常用電源があって停電時も使用可能。街灯が消えて暗闇の中、夜道を照らす役割もある。細かいところでは、自販機には必ず住所表示が付いているので、道に迷った場合は位置を確認できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  3. 3

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  4. 4

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  8. 8

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

  9. 9

    “令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

  10. 10

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る