高級フード与え治療費に大枚も 猫人気が“格差社会”の域に

公開日:

 野菜は高いのに、給料は上がらない。ペットを飼うより、まずは自分の暮らしが……実際、ペットを飼う世帯は減っている。それなのに、猫は根強い人気だ。

 昨年の全国犬猫飼育実態調査(ペットフード協会)によると、犬の飼育頭数は推計で892万頭(前年比43万6000頭減)だが、猫は952万6000頭(同21万7000頭増)と、調査を開始した6年前から初めて猫が犬を抜いた。

 犬ほど大きな声も出さない。そこまで動き回らないから、狭いアパートでも飼いやすいし、近所の苦情も少ない。何より散歩に連れて行かなくてもいい……理由はいろいろあるだろうが、犬よりお金がかからないことも大きいだろう。同調査によると、犬全体の平均余命は14.19歳、餌代などの生涯必要経費は約160万円。それに対して猫は15.33歳、約107万6000円と、50万円以上も差がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る