飼い主と離れた猫の里親に 千代田区役所で「猫の譲渡会」

公開日:

 空前の猫ブームだ。本屋には猫関連本が山ほど並ぶ。写真集に始まり、老いじたくの本まで……。“現代にゃん語の基礎知識”な~んてタイトルの一冊もあった。

 街の猫グッズ専門店が繁盛し、テレビでは世界各地の猫たちを撮った番組を見ることもできる。極め付きは、ついに昨年、第1回が実施された「ねこ検定」(今年は3月25日実施予定)か。真の猫好きよ集まれ! というわけだ。

 写真展も全国各地で次々に開かれている。先週の金曜日の昼前、東京・京橋で開かれていた「必死すぎるネコ」写真展(4日終了)を見に行った。獲物に飛び付く、ケンカで猫パンチを繰り出さんとするその瞬間は、なるほど個性がある。犬の方が表情豊かと思っていたが、猫たちもやるもんだ。

 威嚇したり、嫌がったりするときは、顔に出るから面白い。隣のOL2人連れは、「カワイイ~」を連発していたけど、カワイイだけじゃあるまい。参考までに、昨秋発売された沖昌之氏撮影の同タイトルの写真集は2万部も売れたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る