飼い主と離れた猫の里親に 千代田区役所で「猫の譲渡会」

公開日: 更新日:

 空前の猫ブームだ。本屋には猫関連本が山ほど並ぶ。写真集に始まり、老いじたくの本まで……。“現代にゃん語の基礎知識”な~んてタイトルの一冊もあった。

 街の猫グッズ専門店が繁盛し、テレビでは世界各地の猫たちを撮った番組を見ることもできる。極め付きは、ついに昨年、第1回が実施された「ねこ検定」(今年は3月25日実施予定)か。真の猫好きよ集まれ! というわけだ。

 写真展も全国各地で次々に開かれている。先週の金曜日の昼前、東京・京橋で開かれていた「必死すぎるネコ」写真展(4日終了)を見に行った。獲物に飛び付く、ケンカで猫パンチを繰り出さんとするその瞬間は、なるほど個性がある。犬の方が表情豊かと思っていたが、猫たちもやるもんだ。

 威嚇したり、嫌がったりするときは、顔に出るから面白い。隣のOL2人連れは、「カワイイ~」を連発していたけど、カワイイだけじゃあるまい。参考までに、昨秋発売された沖昌之氏撮影の同タイトルの写真集は2万部も売れたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る