• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

飼い主と離れた猫の里親に 千代田区役所で「猫の譲渡会」

 空前の猫ブームだ。本屋には猫関連本が山ほど並ぶ。写真集に始まり、老いじたくの本まで……。“現代にゃん語の基礎知識”な~んてタイトルの一冊もあった。

 街の猫グッズ専門店が繁盛し、テレビでは世界各地の猫たちを撮った番組を見ることもできる。極め付きは、ついに昨年、第1回が実施された「ねこ検定」(今年は3月25日実施予定)か。真の猫好きよ集まれ! というわけだ。

 写真展も全国各地で次々に開かれている。先週の金曜日の昼前、東京・京橋で開かれていた「必死すぎるネコ」写真展(4日終了)を見に行った。獲物に飛び付く、ケンカで猫パンチを繰り出さんとするその瞬間は、なるほど個性がある。犬の方が表情豊かと思っていたが、猫たちもやるもんだ。

 威嚇したり、嫌がったりするときは、顔に出るから面白い。隣のOL2人連れは、「カワイイ~」を連発していたけど、カワイイだけじゃあるまい。参考までに、昨秋発売された沖昌之氏撮影の同タイトルの写真集は2万部も売れたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る