乗車前には「猫バンバン」 エンジンルームでの犠牲を防ぐ

公開日:

 洗濯機のフタを開けたら中から猫が出てきてビックリ! かと思えば、タンスと壁の隙間からこんにちニャ~。ただし、家の中なら愛猫がどこに隠れていても問題ないが、家から脱走してしまうと厄介。最近、車のエンジンルームやタイヤの隙間に入った猫の犠牲が相次いでいる。

 JAFによると、1月に猫が原因で出動した件数は19件。このうち13件は運転手がエンジン始動後に異変に気付くという、“あわや”の場面だったという。寒い日に暖を取るために車に入り込むのは分かるが、実はJAFによると、こうしたトラブルは1年を通して起こるという。

「車のエンジンルームは風雨が入りにくく、暗く狭い空間で、駐車場は人の往来も多くありません。警戒心の強い猫にとって、安心できる条件がそろっている」(JAF)のが理由だ。出動要請で駆けつけてみると、「エンジンルームのアンダーカバーの上で子猫が4匹生まれていた」というケースもあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る