• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

乗車前には「猫バンバン」 エンジンルームでの犠牲を防ぐ

 洗濯機のフタを開けたら中から猫が出てきてビックリ! かと思えば、タンスと壁の隙間からこんにちニャ~。ただし、家の中なら愛猫がどこに隠れていても問題ないが、家から脱走してしまうと厄介。最近、車のエンジンルームやタイヤの隙間に入った猫の犠牲が相次いでいる。

 JAFによると、1月に猫が原因で出動した件数は19件。このうち13件は運転手がエンジン始動後に異変に気付くという、“あわや”の場面だったという。寒い日に暖を取るために車に入り込むのは分かるが、実はJAFによると、こうしたトラブルは1年を通して起こるという。

「車のエンジンルームは風雨が入りにくく、暗く狭い空間で、駐車場は人の往来も多くありません。警戒心の強い猫にとって、安心できる条件がそろっている」(JAF)のが理由だ。出動要請で駆けつけてみると、「エンジンルームのアンダーカバーの上で子猫が4匹生まれていた」というケースもあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る