北海道では当たり前 犬の趾間炎は“専用シューズ”で対策

公開日:

 散歩から帰ったら愛犬の足が赤く腫れ上がっていた――。犬の皮膚病、趾間炎は冬の寒さや乾燥が原因となることも。とくに積雪後は危ない。一度解けた雪が再び凍り付いて表面が氷状になり、割れた氷片でけがをしたり、足先や足裏の被毛に雪玉ができることで、切り傷やすり傷を負うこともある。これらがリスクになる。

 犬の靴・靴下専用サイト「docdog(ドックドッグ)」の調査(北海道在住の犬の飼い主400人対象)によると、愛犬が「散歩時に体毛に雪玉ができている」「散歩後に足先をなめたり、噛んだりしている」など、飼い主の8割が冬場の散歩で、何らかの趾間炎に関する変化を感じている。

 北海道の場合、冬の散歩道の8割が雪道のため、趾間炎対策は日常的だが、普段積雪のない地域在住者こそ意識しなければいけないという。

「関東圏のように普段から雪の降らない地域の犬は、雪国と比較して体が順応していません。飼い主がリスクを認識していないため、降雪時の四肢トラブルが起こりやすいのです。また、降雪だけでなく、塩化カルシウムを含む融雪剤が肉球に炎症をもたらす場合もあり、対策は必要なのです」(ドックドッグの獣医師)

 1月以降、関東からの問い合わせも急増。同社で扱う「スノーマッシャーズ」(税込み8521円)や「ポーラートレックス」(同7236円)などの犬用靴に問い合わせが殺到している。撥水などの加工を施し、履き口を絞ることで雪が入り込みにくいつくりになっている。人間と同様、足先の冷えは大敵だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る