エリート教育が6年間無料 公立中高一貫校に意外な死角

公開日: 更新日:

 首都圏では5人に1人の子供が中学受験をするそうだが、「公立中高一貫校」が年々存在感を増している。東京都の男子ご三家(麻布・開成・武蔵)の合格倍率は3倍ほどだが、昨年の東京都立小石川中等教育学校の競争率は5.8倍。前年比0.4ポイントアップし、応募者数は136人増えた。

 公立一貫校が選ばれる理由のひとつが大学合格実績の良さだ。今春、都立小石川、都立武蔵、県立千葉などは東大合格者を伸ばし、早慶上智などの難関私大、難関国立大の合格者も増えた。背景には学年を超えた“前倒し学習”などの学力対策が広がっていることがある。

 もっとも、何といっても魅力なのが経済的負担の少なさだろう。公立中高一貫校の授業料は基本的に無料。修学旅行代などを含めても、公立中学の年間教育費は私立中学に比べて約90万円も安い。不況に苦しむ庶民にとってはありがたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る