エリート教育が6年間無料 公立中高一貫校に意外な死角

公開日:

 首都圏では5人に1人の子供が中学受験をするそうだが、「公立中高一貫校」が年々存在感を増している。東京都の男子ご三家(麻布・開成・武蔵)の合格倍率は3倍ほどだが、昨年の東京都立小石川中等教育学校の競争率は5.8倍。前年比0.4ポイントアップし、応募者数は136人増えた。

 公立一貫校が選ばれる理由のひとつが大学合格実績の良さだ。今春、都立小石川、都立武蔵、県立千葉などは東大合格者を伸ばし、早慶上智などの難関私大、難関国立大の合格者も増えた。背景には学年を超えた“前倒し学習”などの学力対策が広がっていることがある。

 もっとも、何といっても魅力なのが経済的負担の少なさだろう。公立中高一貫校の授業料は基本的に無料。修学旅行代などを含めても、公立中学の年間教育費は私立中学に比べて約90万円も安い。不況に苦しむ庶民にとってはありがたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る