• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エリート教育が6年間無料 公立中高一貫校に意外な死角

 首都圏では5人に1人の子供が中学受験をするそうだが、「公立中高一貫校」が年々存在感を増している。東京都の男子ご三家(麻布・開成・武蔵)の合格倍率は3倍ほどだが、昨年の東京都立小石川中等教育学校の競争率は5.8倍。前年比0.4ポイントアップし、応募者数は136人増えた。

 公立一貫校が選ばれる理由のひとつが大学合格実績の良さだ。今春、都立小石川、都立武蔵、県立千葉などは東大合格者を伸ばし、早慶上智などの難関私大、難関国立大の合格者も増えた。背景には学年を超えた“前倒し学習”などの学力対策が広がっていることがある。

 もっとも、何といっても魅力なのが経済的負担の少なさだろう。公立中高一貫校の授業料は基本的に無料。修学旅行代などを含めても、公立中学の年間教育費は私立中学に比べて約90万円も安い。不況に苦しむ庶民にとってはありがたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る