早大研究会がお勧め コスパ最強「学食」ベスト5はここだ

公開日:

 懐の寂しいサラリーマンにとってうれしい激安ランチ。中でも着目したいのが、大学の学食ランチだ。近年では、フレンチや寿司など、高級料理を出す学食も増えてきており、安価でおいしいものを食べられると足を運ぶ社会人も多い。今回はそんな一般でも利用可のコスパ最強学食ベスト5を、早稲田大学学食研究会に紹介してもらった。

■1位 東洋大学・白山キャンパス「6号館B1学生食堂」

 白山キャンパスには5つの学食があるが、中でもメニュー豊富なのが、ここ。同研究会が毎年発表する独自のランキングでも、殿堂入りしている学食。

 多数の専門店が入るカフェテリア形式で、座席数は約1300。インド人シェフが作るチキンカレー(ドリンク、サラダ付き)、韓国料理専門店のスン豆腐チゲ、窯焼き料理専門店の窯焼きチキンミートドリアがいずれも500円。ワンコインでさまざまな本格料理を味わえるのがポイントだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る