早大研究会がお勧め コスパ最強「学食」ベスト5はここだ

公開日: 更新日:

 懐の寂しいサラリーマンにとってうれしい激安ランチ。中でも着目したいのが、大学の学食ランチだ。近年では、フレンチや寿司など、高級料理を出す学食も増えてきており、安価でおいしいものを食べられると足を運ぶ社会人も多い。今回はそんな一般でも利用可のコスパ最強学食ベスト5を、早稲田大学学食研究会に紹介してもらった。

■1位 東洋大学・白山キャンパス「6号館B1学生食堂」

 白山キャンパスには5つの学食があるが、中でもメニュー豊富なのが、ここ。同研究会が毎年発表する独自のランキングでも、殿堂入りしている学食。

 多数の専門店が入るカフェテリア形式で、座席数は約1300。インド人シェフが作るチキンカレー(ドリンク、サラダ付き)、韓国料理専門店のスン豆腐チゲ、窯焼き料理専門店の窯焼きチキンミートドリアがいずれも500円。ワンコインでさまざまな本格料理を味わえるのがポイントだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る