• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早大研究会がお勧め コスパ最強「学食」ベスト5はここだ

 懐の寂しいサラリーマンにとってうれしい激安ランチ。中でも着目したいのが、大学の学食ランチだ。近年では、フレンチや寿司など、高級料理を出す学食も増えてきており、安価でおいしいものを食べられると足を運ぶ社会人も多い。今回はそんな一般でも利用可のコスパ最強学食ベスト5を、早稲田大学学食研究会に紹介してもらった。

■1位 東洋大学・白山キャンパス「6号館B1学生食堂」

 白山キャンパスには5つの学食があるが、中でもメニュー豊富なのが、ここ。同研究会が毎年発表する独自のランキングでも、殿堂入りしている学食。

 多数の専門店が入るカフェテリア形式で、座席数は約1300。インド人シェフが作るチキンカレー(ドリンク、サラダ付き)、韓国料理専門店のスン豆腐チゲ、窯焼き料理専門店の窯焼きチキンミートドリアがいずれも500円。ワンコインでさまざまな本格料理を味わえるのがポイントだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

もっと見る