• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早大研究会がお勧め コスパ最強「学食」ベスト5はここだ

 懐の寂しいサラリーマンにとってうれしい激安ランチ。中でも着目したいのが、大学の学食ランチだ。近年では、フレンチや寿司など、高級料理を出す学食も増えてきており、安価でおいしいものを食べられると足を運ぶ社会人も多い。今回はそんな一般でも利用可のコスパ最強学食ベスト5を、早稲田大学学食研究会に紹介してもらった。

■1位 東洋大学・白山キャンパス「6号館B1学生食堂」

 白山キャンパスには5つの学食があるが、中でもメニュー豊富なのが、ここ。同研究会が毎年発表する独自のランキングでも、殿堂入りしている学食。

 多数の専門店が入るカフェテリア形式で、座席数は約1300。インド人シェフが作るチキンカレー(ドリンク、サラダ付き)、韓国料理専門店のスン豆腐チゲ、窯焼き料理専門店の窯焼きチキンミートドリアがいずれも500円。ワンコインでさまざまな本格料理を味わえるのがポイントだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る