まさかの利回り4%! 信用金庫にある超堅実な“商品”とは

公開日: 更新日:

 マイナス金利の影響で、銀行の普通預金に利子がつかなくなって久しい。そればかりか、3大メガバンクなどは口座維持手数料の徴収を検討しているという。

 超低金利時代、政府は家計に貯め込まれている現金を、節税効果のあるNISA(少額投資非課税制度)やiDeCo(個人型確定拠出年金)で投資に向かわせようと躍起になっている。しかし、いくら節税メリットがあるからといって、リスクのある投資に躊躇する人も少なくないだろう。

 そんな中で、地元密着の金融機関である信用金庫に、1~4%の高配当を安定的に確保する“商品”が存在するという。

「それは信用金庫に出資金を拠出することで得られる配当のことで、金融商品ではありません。出資金とは会社でいう株式のようなものです。確かに、株価のように出資額が変動することなく高い配当が得られますが、あくまでも信用金庫の運営のためのものであり、運用目的のものではありません」(かつて信用金庫に勤務していたファイナンシャルプランナーの八ツ井慶子さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る