• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

まさかの利回り4%! 信用金庫にある超堅実な“商品”とは

 マイナス金利の影響で、銀行の普通預金に利子がつかなくなって久しい。そればかりか、3大メガバンクなどは口座維持手数料の徴収を検討しているという。

 超低金利時代、政府は家計に貯め込まれている現金を、節税効果のあるNISA(少額投資非課税制度)やiDeCo(個人型確定拠出年金)で投資に向かわせようと躍起になっている。しかし、いくら節税メリットがあるからといって、リスクのある投資に躊躇する人も少なくないだろう。

 そんな中で、地元密着の金融機関である信用金庫に、1~4%の高配当を安定的に確保する“商品”が存在するという。

「それは信用金庫に出資金を拠出することで得られる配当のことで、金融商品ではありません。出資金とは会社でいう株式のようなものです。確かに、株価のように出資額が変動することなく高い配当が得られますが、あくまでも信用金庫の運営のためのものであり、運用目的のものではありません」(かつて信用金庫に勤務していたファイナンシャルプランナーの八ツ井慶子さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る