まさかの利回り4%! 信用金庫にある超堅実な“商品”とは

公開日:

 マイナス金利の影響で、銀行の普通預金に利子がつかなくなって久しい。そればかりか、3大メガバンクなどは口座維持手数料の徴収を検討しているという。

 超低金利時代、政府は家計に貯め込まれている現金を、節税効果のあるNISA(少額投資非課税制度)やiDeCo(個人型確定拠出年金)で投資に向かわせようと躍起になっている。しかし、いくら節税メリットがあるからといって、リスクのある投資に躊躇する人も少なくないだろう。

 そんな中で、地元密着の金融機関である信用金庫に、1~4%の高配当を安定的に確保する“商品”が存在するという。

「それは信用金庫に出資金を拠出することで得られる配当のことで、金融商品ではありません。出資金とは会社でいう株式のようなものです。確かに、株価のように出資額が変動することなく高い配当が得られますが、あくまでも信用金庫の運営のためのものであり、運用目的のものではありません」(かつて信用金庫に勤務していたファイナンシャルプランナーの八ツ井慶子さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  8. 8

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る