• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ノザキのコンビーフ “台形”に込められた品質へのこだわり

 台形の缶詰と牛のマークでおなじみ、川商フーズが展開する「ノザキのコンビーフ」は、国産コンビーフのパイオニアだ。1948年の発売から今年で70周年。シリーズ全体の累計販売数は9億2000万個に及ぶ。

 コンビーフは一般的に、塩漬けした牛肉を煮沸し、ほぐしたあとに牛ひき肉や食用油脂などを混ぜて作られる。ノザキのコンビーフも同じ工程をたどるが、「手のかけ方と配合が違う」と胸を張る。

「煮沸・ほぐしたあとに筋膜や筋などを丁寧に取り除いた牛ほぐし肉を主体に、ひき肉との絶妙な配合バランスを保つことで、口で溶ける軟らかい食感を実現している」(食品流通部長の周宣堂氏)

 ノザキのコンビーフは、戦後間もない48年、野崎産業(99年に川商フーズの前身、川鉄商事と合併)から日本初のコンビーフとして発売された。当時、牛肉を100%使用したコンビーフはぜいたく品だったが、市場への浸透は予想以上に早かったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る