ノザキのコンビーフ “台形”に込められた品質へのこだわり

公開日:

 台形の缶詰と牛のマークでおなじみ、川商フーズが展開する「ノザキのコンビーフ」は、国産コンビーフのパイオニアだ。1948年の発売から今年で70周年。シリーズ全体の累計販売数は9億2000万個に及ぶ。

 コンビーフは一般的に、塩漬けした牛肉を煮沸し、ほぐしたあとに牛ひき肉や食用油脂などを混ぜて作られる。ノザキのコンビーフも同じ工程をたどるが、「手のかけ方と配合が違う」と胸を張る。

「煮沸・ほぐしたあとに筋膜や筋などを丁寧に取り除いた牛ほぐし肉を主体に、ひき肉との絶妙な配合バランスを保つことで、口で溶ける軟らかい食感を実現している」(食品流通部長の周宣堂氏)

 ノザキのコンビーフは、戦後間もない48年、野崎産業(99年に川商フーズの前身、川鉄商事と合併)から日本初のコンビーフとして発売された。当時、牛肉を100%使用したコンビーフはぜいたく品だったが、市場への浸透は予想以上に早かったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る