シヤチハタ「Xスタンパー ネーム9」誕生の秘密は塩だった

公開日:

 朱肉不要の便利なハンコといえばシヤチハタのネーム印だ。社名だけで通じるほど認知度は圧倒的だが、「Xスタンパー」というれっきとしたブランド名があり、最も広く使われている印面9.5ミリのタイプは「ネーム9」という名前を持つ。既製品は2960氏名を揃え、別注品は書体やインク色に加えてボディーカラーも選べる展開。今年1月に投入したホワイトタイプも早速好評だ。

 もともとシヤチハタはスタンプ台から始まった会社で、1925年に「万年スタンプ台」を発売して大ヒットさせたのだが、やがて高度経済成長期。事務の合理化が、Xスタンパーの開発につながった。

「この分だといずれスタンプ台不要の商品が出てくるかもしれないという危機感だった。結果的に万年スタンプ台を否定するものになるとしても、自分たちの手で先につくろうと考えた」(広報室の山口高正氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る