• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

保湿力で存在感 ライオン「ハダカラ」クチコミ施策の効果

 ライオンのファミリー向けボディーソープ「hadakara」が好調だ。2016年9月に「保湿成分が洗い流されないボディーソープ」として発売以来、計画を上回るペースで売り上げを伸ばしており、今年も前年比120%で推移している。

 ボディーソープに保湿効果を期待したいが、なかなか実感できるものがない――そんな声に応えるべく、ハダカラは日本初の「吸着保湿処方」を採用。泡立てているときに、保湿成分が肌に吸着しやすいかたち(保湿成分複合体)に変化することで、汚れは落ちても保湿成分は流されないという。

「水と混ざると吸着する成分になるという発想は、柔軟剤などにも活用されているライオンのコア技術だが、肌を洗うボディーソープでの開発は試行錯誤。吸着保湿処方を実現する保湿成分を見つけ出すのに2年、全体では3年の月日を要した」(ビューティケア事業部の野田佳世子氏=写真)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る