• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

佐々成政は豊臣秀吉の野望阻止に人生を賭けた

イラスト・工藤遙香

 戦国時代、織田信長の家臣にして、羽柴(のち豊臣)秀吉に逆らい続けたのが佐々成政です。

 最後は切腹という、悲劇に追いやられました。

 成政は天文5(1536)年、尾張の春日井郡比良城主・佐々成宗の子として生まれました。…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事