美しい夕日が見られる タイ・パタヤのスタバは世界一

公開日: 更新日:

村瀬裕治さん(海外不動産投資家)

 今週から、さまざまなジャンルのマニアックな専門家を「執事」として招き、ゲンダイ読者の王様たちに趣味、遊び、生き方を提案していきます。第1回のテーマは「世界のスタバ」。執事となるのは、自らを「ホームレス」と呼ぶ村瀬裕治さん(57)。1年の半分を海外で過ごし、3日おきに移動して暮らしている。「遊び」「勉強」「仕事」の毎日で、世界中のホテル、銀行、不動産、そしてスターバックスに出没。これまでに14カ国のスタバを巡り、数え切れない数のグッズも集めてきた。その楽しみ方とは――。

 ◇  ◇  ◇

「初めてスタバと出合ったのはタイでした。前の会社を2000年に退職して、ムエタイやタイ古式マッサージやタイ語を学びに行ったんです。そこで勉強する場所として通うようになった。おしゃれな空間だし、何時間いても嫌な顔をしないサービスが心地よくて。短い周期でグッズが次々に発売されることも知りました。帰国後は地元・名古屋のスタバにも行くようになり、『スタ友』も増えていきましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  9. 9

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る