美しい夕日が見られる タイ・パタヤのスタバは世界一

公開日:  更新日:

村瀬裕治さん(海外不動産投資家)

 今週から、さまざまなジャンルのマニアックな専門家を「執事」として招き、ゲンダイ読者の王様たちに趣味、遊び、生き方を提案していきます。第1回のテーマは「世界のスタバ」。執事となるのは、自らを「ホームレス」と呼ぶ村瀬裕治さん(57)。1年の半分を海外で過ごし、3日おきに移動して暮らしている。「遊び」「勉強」「仕事」の毎日で、世界中のホテル、銀行、不動産、そしてスターバックスに出没。これまでに14カ国のスタバを巡り、数え切れない数のグッズも集めてきた。その楽しみ方とは――。

 ◇  ◇  ◇

「初めてスタバと出合ったのはタイでした。前の会社を2000年に退職して、ムエタイやタイ古式マッサージやタイ語を学びに行ったんです。そこで勉強する場所として通うようになった。おしゃれな空間だし、何時間いても嫌な顔をしないサービスが心地よくて。短い周期でグッズが次々に発売されることも知りました。帰国後は地元・名古屋のスタバにも行くようになり、『スタ友』も増えていきましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る