• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大隅潔さん<2>麻雀三昧が「相撲記者として大いに生きた」

 東京オリンピック出場後、大隅さんは文芸評論家の大井廣介氏の口添えもあって、スポーツニッポン新聞社東京本社の入社試験を受けることになった。

「地元の浜松に戻って就職しようと思っていましたが、水泳を続ける気はありませんでした。当時は温水プールの施設も少なくて、屋外で水温14、15度のちょうど今ごろから泳ぎ始めて、ドラム缶風呂で体を温めてまた泳ぐんです。それがつらかった、ハハハ。スポニチの面接官は毎日新聞から出向中の総務部長で、この人が同じ静岡県の沼津出身という幸運も重なりました。まあ、大井さんの縁故採用ですよ」

 最初の配属先は校閲部だった。

「4年後のメキシコ五輪に記者として行きたいと思ってましたが、『うちは小さな会社だから、4年に1度の大会のために人員は割けない』ということで最初の配属は校閲部でした。職場に行ったら先輩から『ここに法学部出身と書いてあるけど、アホウ学部だろ』とちゃかされ、仕事を基本から叩き込まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る