• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大隅潔さん<2>麻雀三昧が「相撲記者として大いに生きた」

 東京オリンピック出場後、大隅さんは文芸評論家の大井廣介氏の口添えもあって、スポーツニッポン新聞社東京本社の入社試験を受けることになった。

「地元の浜松に戻って就職しようと思っていましたが、水泳を続ける気はありませんでした。当時は温水プールの施設も少なくて、屋外で水温14、15度のちょうど今ごろから泳ぎ始めて、ドラム缶風呂で体を温めてまた泳ぐんです。それがつらかった、ハハハ。スポニチの面接官は毎日新聞から出向中の総務部長で、この人が同じ静岡県の沼津出身という幸運も重なりました。まあ、大井さんの縁故採用ですよ」

 最初の配属先は校閲部だった。

「4年後のメキシコ五輪に記者として行きたいと思ってましたが、『うちは小さな会社だから、4年に1度の大会のために人員は割けない』ということで最初の配属は校閲部でした。職場に行ったら先輩から『ここに法学部出身と書いてあるけど、アホウ学部だろ』とちゃかされ、仕事を基本から叩き込まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る