大隅潔さん<2>麻雀三昧が「相撲記者として大いに生きた」

公開日: 更新日:

 東京オリンピック出場後、大隅さんは文芸評論家の大井廣介氏の口添えもあって、スポーツニッポン新聞社東京本社の入社試験を受けることになった。

「地元の浜松に戻って就職しようと思っていましたが、水泳を続ける気はありませんでした。当時は温水プールの施設も少なくて、屋外で水温14、15度のちょうど今ごろから泳ぎ始めて、ドラム缶風呂で体を温めてまた泳ぐんです。それがつらかった、ハハハ。スポニチの面接官は毎日新聞から出向中の総務部長で、この人が同じ静岡県の沼津出身という幸運も重なりました。まあ、大井さんの縁故採用ですよ」

 最初の配属先は校閲部だった。

「4年後のメキシコ五輪に記者として行きたいと思ってましたが、『うちは小さな会社だから、4年に1度の大会のために人員は割けない』ということで最初の配属は校閲部でした。職場に行ったら先輩から『ここに法学部出身と書いてあるけど、アホウ学部だろ』とちゃかされ、仕事を基本から叩き込まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る