大隅潔さん<2>麻雀三昧が「相撲記者として大いに生きた」

公開日:

 東京オリンピック出場後、大隅さんは文芸評論家の大井廣介氏の口添えもあって、スポーツニッポン新聞社東京本社の入社試験を受けることになった。

「地元の浜松に戻って就職しようと思っていましたが、水泳を続ける気はありませんでした。当時は温水プールの施設も少なくて、屋外で水温14、15度のちょうど今ごろから泳ぎ始めて、ドラム缶風呂で体を温めてまた泳ぐんです。それがつらかった、ハハハ。スポニチの面接官は毎日新聞から出向中の総務部長で、この人が同じ静岡県の沼津出身という幸運も重なりました。まあ、大井さんの縁故採用ですよ」

 最初の配属先は校閲部だった。

「4年後のメキシコ五輪に記者として行きたいと思ってましたが、『うちは小さな会社だから、4年に1度の大会のために人員は割けない』ということで最初の配属は校閲部でした。職場に行ったら先輩から『ここに法学部出身と書いてあるけど、アホウ学部だろ』とちゃかされ、仕事を基本から叩き込まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る