企業の新人研修 「社会人マナー」教育が復活しているワケ

公開日: 更新日:

 新年度が始まった。中小企業では早くも新入社員が各部署に配属され、大企業では合同の新人研修の真っただ中。研修といえば、創業以来の歴史から始まり、事業内容全般、製造業なら工場研修まで会社のすべてをみっちり叩きこまれる。

 当然といえば当然だが、そんな中、近年、新人研修で基本的な「社会人マナー」教育が見直されているという。

 新人研修やグローバル人材育成を手掛けるアルー㈱の広報担当者が言う。

「最近の新入社員は、よく勉強していて、“日本のために役立ちたい”とか“世界の子どもたちを助けたい”など、大きな夢を抱いている人が目立ちます。一方で、社会人として基本的なことができない人が多い。というか、“これをして下さい”と具体的な指示を出すと、しっかりできるのですが、ハッキリした指示がないと自分からやろうとしません。近年の新人の特徴です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る