• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

友達のいない寂しい老後にしないために

 先週、恵比寿駅前を歩いていたら知り合いの雑誌編集者に声をかけられた。マスクをしていたせいか、「風邪ですか?」と聞くので、「いや、花粉症」と答えると、「若いですネェ」と言う。花粉症で若いと言われたのは初めてだ。理由を聞くと、高齢者で花粉症を発症している人は少ないからだという。

 そういえば、マスクをしている老人はあまり見かけないような気もする。花粉症にかかっているのは若い証拠だと言われてうれしくもあったが、くしゃみ、鼻水、鼻づまりはツライ。花粉症はスギやヒノキの花粉が体内に入ってくると、体が過剰な免疫反応を起こすことで発症するのだという。しかし、年を取ると免疫力が低下してくるため、こうした反応が起こりにくくなるそうだ。

 その一方で、花粉アレルギーのある年寄りは、免疫機能が活発で長寿になるという。それが本当だとすれば、花粉症の僕は長生きすることになる。僕の母は老衰で102歳の天寿を全うした。亡くなる前日までワインを飲んでいたほど元気だったのだから、寿命というものは分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る