• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

友達のいない寂しい老後にしないために

 先週、恵比寿駅前を歩いていたら知り合いの雑誌編集者に声をかけられた。マスクをしていたせいか、「風邪ですか?」と聞くので、「いや、花粉症」と答えると、「若いですネェ」と言う。花粉症で若いと言われたのは初めてだ。理由を聞くと、高齢者で花粉症を発症している人は少ないからだという。

 そういえば、マスクをしている老人はあまり見かけないような気もする。花粉症にかかっているのは若い証拠だと言われてうれしくもあったが、くしゃみ、鼻水、鼻づまりはツライ。花粉症はスギやヒノキの花粉が体内に入ってくると、体が過剰な免疫反応を起こすことで発症するのだという。しかし、年を取ると免疫力が低下してくるため、こうした反応が起こりにくくなるそうだ。

 その一方で、花粉アレルギーのある年寄りは、免疫機能が活発で長寿になるという。それが本当だとすれば、花粉症の僕は長生きすることになる。僕の母は老衰で102歳の天寿を全うした。亡くなる前日までワインを飲んでいたほど元気だったのだから、寿命というものは分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る