元妻には財産分与 橋幸夫に学ぶ「円満な老後再婚」の秘訣

公開日: 更新日:

「ゲス老人が!」――ネット上には、そんなふうに罵る人もいる。歌手の橋幸夫(74)をめぐって、46年連れ添った妻との離婚が発覚。その直後の“文春砲”で、50代の一般女性と再婚していたことが明らかに。あまりのスピード再婚にネット住民は、「(離婚報道でコメントした)ひっそりとひとりで暮らすとは、なんだったのか」と“攻撃”しているのだ。

 離婚と再婚のタイミングだけに着目すれば、ネット民の批判も分からなくはない。しかし、橋は2016年11月から妻と別居していて、離婚協議をスタート。1年かけて話を詰め、自宅などが入る都内のビルを別れた妻名義にするなど財産分与をキッチリして、昨年末に離婚が成立した。

 橋は、若いころの浮気癖を自ら語ったこともあるだけに、女好きなのは間違いないが、離婚成立までの過程を見れば、「ゲス」は当たらないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る