元妻には財産分与 橋幸夫に学ぶ「円満な老後再婚」の秘訣

公開日:

「ゲス老人が!」――ネット上には、そんなふうに罵る人もいる。歌手の橋幸夫(74)をめぐって、46年連れ添った妻との離婚が発覚。その直後の“文春砲”で、50代の一般女性と再婚していたことが明らかに。あまりのスピード再婚にネット住民は、「(離婚報道でコメントした)ひっそりとひとりで暮らすとは、なんだったのか」と“攻撃”しているのだ。

 離婚と再婚のタイミングだけに着目すれば、ネット民の批判も分からなくはない。しかし、橋は2016年11月から妻と別居していて、離婚協議をスタート。1年かけて話を詰め、自宅などが入る都内のビルを別れた妻名義にするなど財産分与をキッチリして、昨年末に離婚が成立した。

 橋は、若いころの浮気癖を自ら語ったこともあるだけに、女好きなのは間違いないが、離婚成立までの過程を見れば、「ゲス」は当たらないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る