• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元妻には財産分与 橋幸夫に学ぶ「円満な老後再婚」の秘訣

「ゲス老人が!」――ネット上には、そんなふうに罵る人もいる。歌手の橋幸夫(74)をめぐって、46年連れ添った妻との離婚が発覚。その直後の“文春砲”で、50代の一般女性と再婚していたことが明らかに。あまりのスピード再婚にネット住民は、「(離婚報道でコメントした)ひっそりとひとりで暮らすとは、なんだったのか」と“攻撃”しているのだ。

 離婚と再婚のタイミングだけに着目すれば、ネット民の批判も分からなくはない。しかし、橋は2016年11月から妻と別居していて、離婚協議をスタート。1年かけて話を詰め、自宅などが入る都内のビルを別れた妻名義にするなど財産分与をキッチリして、昨年末に離婚が成立した。

 橋は、若いころの浮気癖を自ら語ったこともあるだけに、女好きなのは間違いないが、離婚成立までの過程を見れば、「ゲス」は当たらないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  7. 7

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  10. 10

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

もっと見る