75歳で「笹餅屋」起業 91歳桑田ミサオさんの生きる術

公開日:

「人生は80歳から楽しくなる」。こう言うのは、「おかげさまで、注文の多い笹餅屋です」(小学館)を刊行した桑田ミサオさん。御年91歳。JR青森駅から車で1時間ほどの五所川原市で年間5万個の笹餅を売りさばく。老後の生きがいを気にしている人は必読だ。

「若い時はどう節約したらいいか、生活はどうしたらいいかと心配しなければならなかった。でも(夫が亡くなり、子供が自立した)今は、好きな物食べて、好きなことやってればいい。気持ちに余裕がある。だから80歳からが楽しいんです」

 桑田さんが「笹餅屋」を起業したのは75歳の時。きっかけは60歳にさかのぼる。

 保育所の用務員の傍ら、内職をしながら家計を支えていた桑田さんは、定年退職後しばらく「今まで働いたんだから楽しよう」と考えていた。しかし「やっぱり働くことが楽しい」と思い始めた矢先、「無人直売所をつくるから手伝って欲しい」と農協婦人部部長に頼まれた。60歳で、母仕込みの笹餅作りを本格的に開始。スーパーから販売の声がかかったのを機に75歳で起業し、現在に至る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る