95歳パイロットの高橋淳さん “毎日の反省”がボケない秘訣

公開日: 更新日:

「富士山を目の前にした絶景のロケーション。空を楽しんでいますよ」

 毎週日曜は、静岡県の富士川滑空場で飛んでいる。静岡県航空協会の社会人クラブで、グライダーや小型機の教官を務めているのだ。

 16歳のときに初めて自身の操縦でグライダーに乗り、18歳で予科練(海軍飛行予科練習生)に入隊、太平洋戦争のために戦地に赴いた。49歳(1971年)でフリーパイロットとして独立。いまも、現役最年長パイロットとしてギネス記録(2014年認定)を更新中だ。

「60代はまだまだ子供だよ」と笑う高橋さん。滑空場には、夢を追う中高年が集まってくるという。

「僕は子供の頃から飛行機乗りになろうとして、今でも乗っているけど、人生そううまくいかない。短い間でしたが、自動車工場や銀座のデパートで配送の仕事をしていました。戦後は連合軍の飛行禁止令で空を飛べない時期があったからね。同じように、生活のためにお勤めしているサラリーマンは多いでしょう。パイロットも、僕みたいに好きでやっているヤツだけじゃない。給与が高いからやっているのもいる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  9. 9

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る