95歳パイロットの高橋淳さん “毎日の反省”がボケない秘訣

公開日: 更新日:

「富士山を目の前にした絶景のロケーション。空を楽しんでいますよ」

 毎週日曜は、静岡県の富士川滑空場で飛んでいる。静岡県航空協会の社会人クラブで、グライダーや小型機の教官を務めているのだ。

 16歳のときに初めて自身の操縦でグライダーに乗り、18歳で予科練(海軍飛行予科練習生)に入隊、太平洋戦争のために戦地に赴いた。49歳(1971年)でフリーパイロットとして独立。いまも、現役最年長パイロットとしてギネス記録(2014年認定)を更新中だ。

「60代はまだまだ子供だよ」と笑う高橋さん。滑空場には、夢を追う中高年が集まってくるという。

「僕は子供の頃から飛行機乗りになろうとして、今でも乗っているけど、人生そううまくいかない。短い間でしたが、自動車工場や銀座のデパートで配送の仕事をしていました。戦後は連合軍の飛行禁止令で空を飛べない時期があったからね。同じように、生活のためにお勤めしているサラリーマンは多いでしょう。パイロットも、僕みたいに好きでやっているヤツだけじゃない。給与が高いからやっているのもいる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る