95歳パイロットの高橋淳さん “毎日の反省”がボケない秘訣

公開日:  更新日:

「富士山を目の前にした絶景のロケーション。空を楽しんでいますよ」

 毎週日曜は、静岡県の富士川滑空場で飛んでいる。静岡県航空協会の社会人クラブで、グライダーや小型機の教官を務めているのだ。

 16歳のときに初めて自身の操縦でグライダーに乗り、18歳で予科練(海軍飛行予科練習生)に入隊、太平洋戦争のために戦地に赴いた。49歳(1971年)でフリーパイロットとして独立。いまも、現役最年長パイロットとしてギネス記録(2014年認定)を更新中だ。

「60代はまだまだ子供だよ」と笑う高橋さん。滑空場には、夢を追う中高年が集まってくるという。

「僕は子供の頃から飛行機乗りになろうとして、今でも乗っているけど、人生そううまくいかない。短い間でしたが、自動車工場や銀座のデパートで配送の仕事をしていました。戦後は連合軍の飛行禁止令で空を飛べない時期があったからね。同じように、生活のためにお勤めしているサラリーマンは多いでしょう。パイロットも、僕みたいに好きでやっているヤツだけじゃない。給与が高いからやっているのもいる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る