パイロット気分満喫 本格フライトシミュレーター体験ルポ

公開日:

 免許がなくても飛行機を操縦――。2016年5月にオープンした「SKY ART JAPAN」(東京・品川区)では、ボーイング777のコックピットでフライトシミュレーターが体験できる。これが18年1月末まで予約が取れないほどの話題に。海外が大好きな記者も行ってみた。

 入り口の受け付けを済ませたら、オプションの「パイロット制服」に“変身”。帽子は無料で貸してもらえる。インスタ映えは間違いない。もちろん記者も記念撮影――。その後、機内の客室へ案内された。

 全長8メートルの客室は、エアバス320の実寸サイズ。革製の椅子やミールカートなど“退役”した備品を使用している。室内には英語のアナウンスが流れていて、すでに気分は空の上だ! いざ、コックピットへ。

 フライトを共にするのは、チーフパイロットで代表のアルパ・アブドラさん。パイロット歴10年、教官資格を持つベテラン。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る