訪日旅行者をリピーターに 冷凍食品は今や“帰国後”に照準

公開日: 更新日:

 日本の食料自給率はカロリーベースで38%(2016年度)に過ぎないが、野菜は76%と高率。米(98%)に次ぐ自給率の優等生だ。冷凍野菜の拡大は、輸入野菜を増やし、ひいては食料自給率を押し下げる恐れがあるのだ。

 一方、冷凍食品は輸出の武器になる。ターゲットは訪日外国人の“帰国後”だ。日本政府観光局によると、2017年の訪日外国人旅行者は2869万1000人(推計)で、前年比19・3%増加。5年連続で過去最高を更新した。

「日本滞在中に食べたおいしい料理を一過性に終わらせるのではなく、帰国後、冷凍食品で入手できるようにして、リピート客になってもらうのです。例えば、訪日旅行者に人気のラーメンは冷凍食品でもおいしく食べられます。旅行者が、日本で食べて『おいしい』と思った時に、自国で冷凍食品で食べられるという情報をインプットする必要があります。旅行者の国で扱っている店舗のマップなどを手にすれば、帰国後、買ってくれるでしょう。うまくいけば、一大輸出産業になると期待しています」(冷凍食品業界関係者)

 冷凍食品にはいろんな可能性が詰まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る