ポテチのり塩味まで登場 ふりかけ“コラボ商品”続々の背景

公開日:

 スーパーの陳列棚の中に、何やら見慣れたパッケージの商品が……湖池屋「ポテトチップス のり塩味」の“ふりかけ”だ。

 疑心暗鬼ながら食べてみると、これがなかなかの味。ポテトチップスには、ふりかけの定番ともいえる青のりが使われていることもあって、そもそも相性が良かった。

 これは「ニチフリ食品」(本社・静岡市)が今年1月から発売した新商品で、湖池屋からライセンスを受けて製造。

 1940年創業の同社は「ドラえもん」「きかんしゃトーマス」などキャラクターシリーズでお馴染みだが、これまでにも湖池屋とのコラボで「カラムーチョ」や「すっぱムーチョ」風味のふりかけを商品化している。

 さらに、「ペヤング ソースやきそば」のまるか食品との共同開発で「やきそば味」のふりかけも販売。ペヤングのやきそば自体が、定番のソース味以外にも「すっぱからMAX」「炒飯風」「タイ風春雨」など次々増殖しているとはいえ、まさかふりかけになっているとは思わなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る