ポテチのり塩味まで登場 ふりかけ“コラボ商品”続々の背景

公開日: 更新日:

 スーパーの陳列棚の中に、何やら見慣れたパッケージの商品が……湖池屋「ポテトチップス のり塩味」の“ふりかけ”だ。

 疑心暗鬼ながら食べてみると、これがなかなかの味。ポテトチップスには、ふりかけの定番ともいえる青のりが使われていることもあって、そもそも相性が良かった。

 これは「ニチフリ食品」(本社・静岡市)が今年1月から発売した新商品で、湖池屋からライセンスを受けて製造。

 1940年創業の同社は「ドラえもん」「きかんしゃトーマス」などキャラクターシリーズでお馴染みだが、これまでにも湖池屋とのコラボで「カラムーチョ」や「すっぱムーチョ」風味のふりかけを商品化している。

 さらに、「ペヤング ソースやきそば」のまるか食品との共同開発で「やきそば味」のふりかけも販売。ペヤングのやきそば自体が、定番のソース味以外にも「すっぱからMAX」「炒飯風」「タイ風春雨」など次々増殖しているとはいえ、まさかふりかけになっているとは思わなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る