ポテチのり塩味まで登場 ふりかけ“コラボ商品”続々の背景

公開日:

 スーパーの陳列棚の中に、何やら見慣れたパッケージの商品が……湖池屋「ポテトチップス のり塩味」の“ふりかけ”だ。

 疑心暗鬼ながら食べてみると、これがなかなかの味。ポテトチップスには、ふりかけの定番ともいえる青のりが使われていることもあって、そもそも相性が良かった。

 これは「ニチフリ食品」(本社・静岡市)が今年1月から発売した新商品で、湖池屋からライセンスを受けて製造。

 1940年創業の同社は「ドラえもん」「きかんしゃトーマス」などキャラクターシリーズでお馴染みだが、これまでにも湖池屋とのコラボで「カラムーチョ」や「すっぱムーチョ」風味のふりかけを商品化している。

 さらに、「ペヤング ソースやきそば」のまるか食品との共同開発で「やきそば味」のふりかけも販売。ペヤングのやきそば自体が、定番のソース味以外にも「すっぱからMAX」「炒飯風」「タイ風春雨」など次々増殖しているとはいえ、まさかふりかけになっているとは思わなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

もっと見る