西表石垣国立公園が日本初認定…世界随一の「星空保護区」

公開日: 更新日:

 米国アリゾナ州に本部がある「国際ダークスカイ協会」が2001年に始めた「星空保護区」は、光害の影響のない、暗く美しい夜空を保護・保存するための優れた取り組みを称える制度だ。認定には、屋外照明に関する厳格な基準や、地域で光害に関する教育啓発活動などが求められる。

 選定されたのは5月8日現在99地域。「ダークスカイ・パーク」「ダークスカイ・コミュニティ」など5つのカテゴリーがあり、日本では全てのカテゴリーを総じて「星空保護区」と呼ぶ。

 この星空保護区に、今年3月、沖縄の「西表石垣国立公園」が日本で初めて認定された(カテゴリーは「ダークスカイ・パーク」)。アジアで2番目の快挙だ。

 西表島や石垣島などを含む西表石垣国立公園は、約406平方キロメートルの陸域面積を持ち、亜熱帯特有の自然が広がる。サンゴ礁に囲まれた島々は数多くの希少な動植物の生息地だ。沖縄在住の写真家・大塚勝久氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  10. 10

    <後>天敵・菅首相の「デジタル庁」に完敗した小池都知事

もっと見る