• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西表石垣国立公園が日本初認定…世界随一の「星空保護区」

 米国アリゾナ州に本部がある「国際ダークスカイ協会」が2001年に始めた「星空保護区」は、光害の影響のない、暗く美しい夜空を保護・保存するための優れた取り組みを称える制度だ。認定には、屋外照明に関する厳格な基準や、地域で光害に関する教育啓発活動などが求められる。

 選定されたのは5月8日現在99地域。「ダークスカイ・パーク」「ダークスカイ・コミュニティ」など5つのカテゴリーがあり、日本では全てのカテゴリーを総じて「星空保護区」と呼ぶ。

 この星空保護区に、今年3月、沖縄の「西表石垣国立公園」が日本で初めて認定された(カテゴリーは「ダークスカイ・パーク」)。アジアで2番目の快挙だ。

 西表島や石垣島などを含む西表石垣国立公園は、約406平方キロメートルの陸域面積を持ち、亜熱帯特有の自然が広がる。サンゴ礁に囲まれた島々は数多くの希少な動植物の生息地だ。沖縄在住の写真家・大塚勝久氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る