公務員や医者も通う 草食化なのに「ナンパ塾」人気のなぜ

公開日:

 女性を泥酔させて乱暴したとして、準強制性交の疑いで逮捕された20代と30代の会社員は、“ナンパ師”の男性が主催する「ナンパ塾」の塾生だった。

 事件はこの塾が管理する新宿区のマンションで起きたという。最近は草食男子が増えているといわれるが、一方で「ナンパしたい」という若い男性も増えているそうだ。

「ここ数年、売り上げが伸びているのは、ナンパのノウハウ本と女性カウンセラーによる異性の心理本です。若年男性層を中心に不動の人気ジャンルです」(電子書籍を手掛けるある出版社)

「ナンパ塾」も一つや二つじゃない。いろんなタイプの塾があるようだが、「塾生は中高年よりも20代、30代前半の若い男性が増えています。職業は公務員や医者が多い。モテそうな職業に思いますが、彼らはプライドが高いのに自信はない。プライベートでの対人関係も苦手です。それで行動力をつけるために通うそうです。恋愛は職業、顔、身長、お金が揃っていればOKということじゃない。自信がない男性はモテないですからね」(風俗ライターの蛯名泰造氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る