過去最高4480億円 フィットネス人気の裏にメンタル問題?

公開日: 更新日:

「レジャー白書2017」によると、フィットネスクラブ市場は過去最高の4480億円。経産省の統計では、約3376万人が何らかのスクールを利用している。コナミスポーツクラブ、セントラルスポーツ、ルネサンスの老舗から、昨今はコシダカHD(カーブス)やRIZAPといった新興ジムの台頭も著しい。

 業界には強い追い風が吹き続けている。08年にメタボ検診が導入され、健康寿命への意識が高まった。さらに15年、「ストレスチェック」が企業に義務化。怠った企業は罰金が科せられ、場合によっては安全配慮義務違反に問われる可能性もある。これにより、フィットネスクラブの法人会員になる企業が増えているのだ。

「昨今、働き方改革や健康経営へのニーズが大きくなるにつれ、福利厚生の一環としてのRIZAP法人会員さまは着実に増えています。企業にとって従業員の健康関連のコストとして可視化しやすい部分は医療費削減や病休などですが、『出勤しているにもかかわらず、心身の健康上の問題により、十分にパフォーマンスが上がらない状態(プレゼンティズム)』による“見えないコスト”のほうが大きいとされており、こうした状態を解消することが、生産性向上や産業衛生において非常に重要とされるようです」(RIZAP広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る