• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過去最高4480億円 フィットネス人気の裏にメンタル問題?

「レジャー白書2017」によると、フィットネスクラブ市場は過去最高の4480億円。経産省の統計では、約3376万人が何らかのスクールを利用している。コナミスポーツクラブ、セントラルスポーツ、ルネサンスの老舗から、昨今はコシダカHD(カーブス)やRIZAPといった新興ジムの台頭も著しい。

 業界には強い追い風が吹き続けている。08年にメタボ検診が導入され、健康寿命への意識が高まった。さらに15年、「ストレスチェック」が企業に義務化。怠った企業は罰金が科せられ、場合によっては安全配慮義務違反に問われる可能性もある。これにより、フィットネスクラブの法人会員になる企業が増えているのだ。

「昨今、働き方改革や健康経営へのニーズが大きくなるにつれ、福利厚生の一環としてのRIZAP法人会員さまは着実に増えています。企業にとって従業員の健康関連のコストとして可視化しやすい部分は医療費削減や病休などですが、『出勤しているにもかかわらず、心身の健康上の問題により、十分にパフォーマンスが上がらない状態(プレゼンティズム)』による“見えないコスト”のほうが大きいとされており、こうした状態を解消することが、生産性向上や産業衛生において非常に重要とされるようです」(RIZAP広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る