メリット大なのはお客より店 紳士服「2着目1000円」の真実

公開日:

 格安紳士服チェーンに行くと、1着2万円台、1着3万円台、1着4万円台などと、段階別の価格表示でスーツをズラリと並べています。このように、下位から順に価格帯を揃えて陳列する場合、一番売れるのは真ん中の3万円台です。

 お寿司屋さんの握りメニューを思い出してください。「松2000円・竹1500円・梅1000円」と同じで、松はぜいたく、梅はチープと思わせ、中間の竹を無難だから選択させる要領です。一番売りたい商品には上下に価格帯を設けるとよいのです。

 こんな売り方のほかに「抱き合わせトリック」という効果的な販売手法もあります。1着3万円のスーツを購入し、2着目も買うなら、2着目は1000円で売ります――という商法です。

 2着目が1000円なら、1着当たりの平均単価は、3万1000円を2で割って1着1万5500円! お客さんは、2着買わないと損することになりますから、まず確実に2着目も選ぶはずです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る