缶酎ハイも缶ビールもヒット “ストロング系”がウケる理由

公開日:

 “ストロング系”ビールに注目が集まっている。ストロング系とは、アルコール度数が高い(ビール大手5社は6%以上を「高アルコール」と表示)飲料を指す。力強いコクやシッカリした飲み応え感などもウリで、スーパーやコンビニ店頭にズラリと並んでいる。

 今年に入って、まず第3のビールで、「のどごしSTRONG」(7%、キリン)が新発売され、「頂」(8%、サントリー)は苦味を強化してリニューアル。ビールでは、4月にアサヒが「グランマイルド」(7%)を投入した。

 実は、ビールより先に“ストロング系”がヒットしたのは缶酎ハイ。従来、アルコール度数は4~6%程度だったが、サントリーの「ストロングゼロ」(9%)やキリンの「氷結ストロング」(9%)などのヒットにより大手各社が追随。いまや10%を超える商品も登場中だ。「缶酎ハイ市場は、この5年で1.5倍に拡大した」(大手メーカー担当)というから、“ストロング系”サマサマではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る