缶酎ハイも缶ビールもヒット “ストロング系”がウケる理由

公開日: 更新日:

 “ストロング系”ビールに注目が集まっている。ストロング系とは、アルコール度数が高い(ビール大手5社は6%以上を「高アルコール」と表示)飲料を指す。力強いコクやシッカリした飲み応え感などもウリで、スーパーやコンビニ店頭にズラリと並んでいる。

 今年に入って、まず第3のビールで、「のどごしSTRONG」(7%、キリン)が新発売され、「頂」(8%、サントリー)は苦味を強化してリニューアル。ビールでは、4月にアサヒが「グランマイルド」(7%)を投入した。

 実は、ビールより先に“ストロング系”がヒットしたのは缶酎ハイ。従来、アルコール度数は4~6%程度だったが、サントリーの「ストロングゼロ」(9%)やキリンの「氷結ストロング」(9%)などのヒットにより大手各社が追随。いまや10%を超える商品も登場中だ。「缶酎ハイ市場は、この5年で1.5倍に拡大した」(大手メーカー担当)というから、“ストロング系”サマサマではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る