佐々木俊尚さん<4>東電OL事件記事の反響をペルーで知った

公開日:

 警視庁捜査1課担当のキャップだった1997年3月、東電OL事件に携わりました。京王井の頭線神泉駅前の2階建てのアパートの一室で女性の遺体が見つかった。被害者は東電に勤める慶大卒のエリートで、立ちんぼの売春をしていたことが分かった。それで売春を記事にするかどうか社内で議論になったのです。最初は実名で報道していたんですが、既に週刊誌などでは書いているので無視するのも変だし、他紙は匿名に切り替えたけど、それも変だということで、警視庁クラブのキャップやデスクと相談し、署名入りのサイドストーリーに盛り込みました。彼女と最後に会ったのは大学教員で、別れ際に道玄坂の交番の横で3万8000円を渡した、ということを書いたんです。そしたら、「毎日新聞は被害者の人権を侵害している」と批判されてしまいました。

 この記事を書いた後、3月の終わりからペルーの日本大使公邸占拠事件を担当しました。〈もうすぐ犯人とペルー政府が、人質を解放して犯人がキューバに出国する〉という情報があって、「犯人と一緒にキューバに行きなさい」と命じられた。向こうに行ってから、東電OLの記事の反響を知りました。「おまえのせいで大変だぞ」と言われた記憶があります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る