• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

佐々木俊尚さん<5>独立は40代 始めるのに年齢は関係ない

 アスキーでは2年間、パソコン雑誌の編集者をやりました。もともと特ダネを取ることよりも、世の中がどうなっているか分析したいという欲求があったので、面白かったです。

 新聞記者時代は、朝刊の締め切りに合わせて、20時ごろには会社に戻って原稿を書き始めました。目の前で酔っぱらいの幹部たちが喧嘩している光景も多々見てきました。それに比べると、アスキーは草食系でしたね。喧嘩も怒鳴り合いではなく、メッセンジャーでする。しかもドラクエの発売日には来ないやつがいたりね。

 新聞社を辞めていきなりフリーになる方法もあったけど、これまで商業原稿を書いたことがなかったから経験したかったし、新聞社はイラストや写真もすべて内製なので、古巣から仕事をもらえる見込みがなく、路頭に迷うかもしれない。それもあって、出版社を経由しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る