加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

足軽から32万石に…藤堂高虎は主人を6度替え大大名に出世

公開日: 更新日:

 戦国時代、主人を6度も替え、徒手空拳から大大名に出世したのが藤堂高虎です。

 高虎は弘治2(1556)年、近江国犬上郡藤堂村(現・滋賀県犬上郡甲良町)の土豪・藤堂虎高のもとに生まれました。身長6尺3寸(約190センチ)の巨漢に成長したのは事実のようです。

 元亀元(1570)年の姉川の合戦の際、15歳の高虎は立身を賭けて浅井長政に陣借りし、織田信長の軍と戦いますが、長政は敗北。高虎は浅井家配下だった山本山城の阿閉貞征の許に駆け込んだものの、貞征から期待した報酬を得られないため、再び出奔。道中で無銭飲食をした、とも伝えられています。

 次に頼ったのは湖西の小川城(新庄城とも)の主で浅井家の猛将といわれた磯野員昌でした。しかし拝領はわずか80石。しかも員昌は織田家の謀略に引っかかり、信長の甥・津田信澄を養子に迎える失態をおかしました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る