6サービスを徹底比較 定額制音楽配信サービスの使い勝手

公開日: 更新日:

 定額制音楽配信サービス(以下音楽アプリ)が熱い。月額1000円ほどで数千万の楽曲が聞き放題だ。2015年にアップルやLINE、グーグルが参入。その翌年には海外最大手のSpotify(スポティファイ)が黒船のごとく乗り込んできて、バトル状態になっている。

 利用者の中心は10~30代だが、その波は中高年世代にも押し寄せてくるはず。では、どのアプリを選べばいいのか。

「楽曲数や音質は、ほぼ横並びです。選び方のポイントは、それぞれのアプリの“得意ジャンル”と“機能”でしょう」

 こう言うのは、ITジャーナリストの熊山准氏だ。別表は大手6サービスの比較。なるほど、楽曲数や音質を示すビットレートに大差はない。

 特徴があるのは、得意ジャンルだ。一般にアップルやSpotifyなど海外資本のサービスは洋楽が強く、日本資本のAWA(エイベックス、サイバーエージェント他)やLINEミュージック(LINE、ソニー・ミュージック他)は邦楽が強いとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る