加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

大坂夏の陣で無念の死…真田信繁は才覚を発揮できず

公開日: 更新日:

 真田幸村は戦国時代を代表する武将。幸村は俗称で、正しくは「信繁」といいます。

 彼は不運の武将として名を残しました。なにしろ勝てるはずの戦で、命を落としたのですから。

 信繁は永禄10(1567)年(異説あり)、信濃国小県郡の国人・真田昌幸の二男として生まれました。兄は徳川家康に仕え、幕末まで家を残した信幸(のち信之)です。

 父の昌幸は、家康と2度戦っています。最初は天正13(1585)年の第1次上田合戦。このとき信繁はまだ10代、しかも上杉氏への人質となっていたため、戦に深く関与できませんでした。

 2度目は慶長5(1600)年の、第2次上田合戦。関ヶ原の戦いに向かう徳川秀忠(家康の後継)が、昌幸と信繁の籠る上田城を襲撃したのです。秀忠の軍勢は3万8000、昌幸父子はわずか3000人でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  4. 4

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  8. 8

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

もっと見る