実施まだ2割 プレミアムフライデーに“自力で退社する”方法

公開日: 更新日:

 関東地方は日差しがまぶしいくらい晴れ渡った先週金曜日の夕方。大半のサラリーマンはお忘れかもしれないが、実はプレミアムフライデーだった。4月がゴールデンウイーク直前で存在感が薄かっただけに、力が入った人がいたかもしれない。改めて言うまでもないが、この制度は、国が月に1度は、“午後3時に仕事を切り上げて普段より豊かな時間を過ごそう”と、昨年2月から始まった月末の金曜日。

 だが、実施から丸1年経過した今年春、各社のアンケート結果を見ると、実行できているのはおおむね2割ほど。

 早く帰った人は、家族と一緒に過ごしたり、外食をした人が多いらしいが、月に1度くらい会社を抜け出すウマい口実はないものか。外回りが多い営業マンなら、“A社のB部長と4時に会うので”とか理由を付けて直帰もできそうだが……。

「日本人はマジメだから、“今日は早く帰って家族サービスします”なんて自分から言い出せません。ましてや、先輩や上司が残っていたら、若手は余計に気を使ってしまうのは当然です。さて、どうするか? 私なら、毎週金曜日に語学や税理士の学校に通い始めます。月末じゃない金曜日でも、“今日は学校があるのでお先に”と公に言える雰囲気をつくってしまう。コレなら3時退社はムリでも、5時きっかりにデスクを離れても許されるはずです」(ビジネス評論家・菅野宏三氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  6. 6

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  7. 7

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  8. 8

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  9. 9

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る