実施まだ2割 プレミアムフライデーに“自力で退社する”方法

公開日:

 関東地方は日差しがまぶしいくらい晴れ渡った先週金曜日の夕方。大半のサラリーマンはお忘れかもしれないが、実はプレミアムフライデーだった。4月がゴールデンウイーク直前で存在感が薄かっただけに、力が入った人がいたかもしれない。改めて言うまでもないが、この制度は、国が月に1度は、“午後3時に仕事を切り上げて普段より豊かな時間を過ごそう”と、昨年2月から始まった月末の金曜日。

 だが、実施から丸1年経過した今年春、各社のアンケート結果を見ると、実行できているのはおおむね2割ほど。

 早く帰った人は、家族と一緒に過ごしたり、外食をした人が多いらしいが、月に1度くらい会社を抜け出すウマい口実はないものか。外回りが多い営業マンなら、“A社のB部長と4時に会うので”とか理由を付けて直帰もできそうだが……。

「日本人はマジメだから、“今日は早く帰って家族サービスします”なんて自分から言い出せません。ましてや、先輩や上司が残っていたら、若手は余計に気を使ってしまうのは当然です。さて、どうするか? 私なら、毎週金曜日に語学や税理士の学校に通い始めます。月末じゃない金曜日でも、“今日は学校があるのでお先に”と公に言える雰囲気をつくってしまう。コレなら3時退社はムリでも、5時きっかりにデスクを離れても許されるはずです」(ビジネス評論家・菅野宏三氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る