実施まだ2割 プレミアムフライデーに“自力で退社する”方法

公開日: 更新日:

 関東地方は日差しがまぶしいくらい晴れ渡った先週金曜日の夕方。大半のサラリーマンはお忘れかもしれないが、実はプレミアムフライデーだった。4月がゴールデンウイーク直前で存在感が薄かっただけに、力が入った人がいたかもしれない。改めて言うまでもないが、この制度は、国が月に1度は、“午後3時に仕事を切り上げて普段より豊かな時間を過ごそう”と、昨年2月から始まった月末の金曜日。

 だが、実施から丸1年経過した今年春、各社のアンケート結果を見ると、実行できているのはおおむね2割ほど。

 早く帰った人は、家族と一緒に過ごしたり、外食をした人が多いらしいが、月に1度くらい会社を抜け出すウマい口実はないものか。外回りが多い営業マンなら、“A社のB部長と4時に会うので”とか理由を付けて直帰もできそうだが……。

「日本人はマジメだから、“今日は早く帰って家族サービスします”なんて自分から言い出せません。ましてや、先輩や上司が残っていたら、若手は余計に気を使ってしまうのは当然です。さて、どうするか? 私なら、毎週金曜日に語学や税理士の学校に通い始めます。月末じゃない金曜日でも、“今日は学校があるのでお先に”と公に言える雰囲気をつくってしまう。コレなら3時退社はムリでも、5時きっかりにデスクを離れても許されるはずです」(ビジネス評論家・菅野宏三氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る