浅野史郎さん<2>TOEFL満点でも留学先の授業は理解できず

公開日:

 厚生省での最初の配属は公衆衛生局防疫課だった。課長も課長補佐3人も医系技官という珍しい課だったが、予防接種事故が広がったことで事務官の課長補佐がサポートに来たという。

「その事務官の課長補佐は、公務員試験の成績が優秀だったらしく、対応を任されたんです。予防接種事故の対応は難しいからね。係長はおらず、ペーペーの僕がその下。いや、参った。その事務官の課長補佐とまったく合わなくて。一言でいうと、おかしいんです」

 当時、問題となったのは、天然痘を予防する種痘ワクチンだった。天然痘の撲滅に成功したが、接種後に脳炎を起こす種痘後脳炎が問題になっていた。

「閣議決定として、死亡者1人当たり330万円を支払う救済制度がまとまりました。問題になる前まで種痘ワクチンは国家による強制接種。何十万人に1人の割合で、そんな重い障害が残ることが分かり、接種する医師に過失は認めない無過失責任で被害者を救済するという国家賠償が枠組みでした。僕としては当然の対応だと思いましたが、ソリが合わない課長補佐は『過失がないのに、責任を取るのはおかしい』という点にこだわったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る