浅野史郎さん<2>TOEFL満点でも留学先の授業は理解できず

公開日: 更新日:

 厚生省での最初の配属は公衆衛生局防疫課だった。課長も課長補佐3人も医系技官という珍しい課だったが、予防接種事故が広がったことで事務官の課長補佐がサポートに来たという。

「その事務官の課長補佐は、公務員試験の成績が優秀だったらしく、対応を任されたんです。予防接種事故の対応は難しいからね。係長はおらず、ペーペーの僕がその下。いや、参った。その事務官の課長補佐とまったく合わなくて。一言でいうと、おかしいんです」

 当時、問題となったのは、天然痘を予防する種痘ワクチンだった。天然痘の撲滅に成功したが、接種後に脳炎を起こす種痘後脳炎が問題になっていた。

「閣議決定として、死亡者1人当たり330万円を支払う救済制度がまとまりました。問題になる前まで種痘ワクチンは国家による強制接種。何十万人に1人の割合で、そんな重い障害が残ることが分かり、接種する医師に過失は認めない無過失責任で被害者を救済するという国家賠償が枠組みでした。僕としては当然の対応だと思いましたが、ソリが合わない課長補佐は『過失がないのに、責任を取るのはおかしい』という点にこだわったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  2. 2
    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

  3. 3
    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

  4. 4
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  5. 5
    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

もっと見る

  1. 6
    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

  2. 7
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  3. 8
    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  4. 9
    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

  5. 10
    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去