田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

山口瞳さんの国立市の自宅は大橋巨泉ら将棋好きが集った

公開日:

 1963(昭和38)年に「江分利満氏の優雅な生活」で直木賞を受賞した作家の山口瞳は、同年から「週刊新潮」で「男性自身」シリーズの随筆を長期連載し、滋味あふれる筆致は人気を博した。

 その山口は、会社員時代から将棋を愛好していた。60年代後半のころ、芹沢博文八段、米長邦雄七段らの棋士たちとの交流が始まると、山口の将棋熱はさらに高まった(棋士の肩書は当時。以下同)。

 70年には「小説現代」で「血涙十番勝負」という連載が開始された。

 山口が、大山康晴名人、中原誠十段、二上達也八段ら、当代の一流棋士10人に飛車落ちの手合いで挑む企画だった。

 山口は棋士との対局を自戦記でつづり、奮闘ぶりや呻吟する様子が読者の共感を呼んだ。また、文中で将棋の面白さと棋士のユニークな素顔を紹介している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る