浅野史郎さん<4>死ぬまで障害者施設にいさせるのは疑問だ

公開日:

 年金改正法が成立する少し前の1985年4月、人生の転機を迎えた。北海道民生部福祉課長として北海道庁に赴任したのだ。

「肩書は民生部福祉課長でしたが、実態は障害福祉課長です。その後の人生のライフワークとなる障害福祉の仕事と本格的に関わるようになったのが、北海道時代からでした。(厚生省)入省後の研修で感じた疑問が、ここで結びついたのです」

 研修リポートには、「彼ら(障害者)はなんのために生きているのか」と記していた。福祉課長の仕事は、障害者の幸せを具現化することだろうと漠然と思った。では、何をやれば幸せか。そう思いを巡らせると、障害者の悩みを知るため、現場へ出る。そこで、つらい現実を思い知ることになった。

「知的障害者の更生施設を視察すると、100人ほどの入所者がみな、どよーんと沈んでいました。更生とはリハビリのことで、社会復帰に向けて訓練する場所のはずです。当時の僕の認識はそうでしたが、現実はまったく違いました。6時半に起床して8時に朝食をとると、昼食までは自由。それから15時まで自由に過ごしたらお茶を飲んで、夕食まで各自過ごして、21時に消灯。大ざっぱにそんなスケジュールで、社会復帰のためのプログラムがなかった。しかもほぼ全員、亡くなるまでいるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る