• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浅野史郎さん<4>死ぬまで障害者施設にいさせるのは疑問だ

 年金改正法が成立する少し前の1985年4月、人生の転機を迎えた。北海道民生部福祉課長として北海道庁に赴任したのだ。

「肩書は民生部福祉課長でしたが、実態は障害福祉課長です。その後の人生のライフワークとなる障害福祉の仕事と本格的に関わるようになったのが、北海道時代からでした。(厚生省)入省後の研修で感じた疑問が、ここで結びついたのです」

 研修リポートには、「彼ら(障害者)はなんのために生きているのか」と記していた。福祉課長の仕事は、障害者の幸せを具現化することだろうと漠然と思った。では、何をやれば幸せか。そう思いを巡らせると、障害者の悩みを知るため、現場へ出る。そこで、つらい現実を思い知ることになった。

「知的障害者の更生施設を視察すると、100人ほどの入所者がみな、どよーんと沈んでいました。更生とはリハビリのことで、社会復帰に向けて訓練する場所のはずです。当時の僕の認識はそうでしたが、現実はまったく違いました。6時半に起床して8時に朝食をとると、昼食までは自由。それから15時まで自由に過ごしたらお茶を飲んで、夕食まで各自過ごして、21時に消灯。大ざっぱにそんなスケジュールで、社会復帰のためのプログラムがなかった。しかもほぼ全員、亡くなるまでいるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る