佐賀「ハイテク博覧会」 維新をリードしたパワーを伝える

公開日:  更新日:

日本初の洋式大砲と実用蒸気船

 明治維新150年の節目となる今年は、各地で記念イベントが開かれている。明治維新をリードした「薩長土肥」の肥前・佐賀でも、来年1月14日まで「肥前さが幕末維新博覧会」を開催中。見応えのあるパビリオンが用意されている。

 はなわが歌う「佐賀県」では「歩きなのにヘルメット」「まるで弥生時代」と散々だが、幕末の佐賀は違った。ペリーの黒船が来航するよりも早く日本で初めて反射炉を完成させ、鉄製の洋式大砲の鋳造に成功。日本初の実用蒸気船「凌風丸」も建造している。佐賀藩は、日本のトップランナーだったのだ。

 立役者は10代藩主の鍋島直正。ぼろぼろの財政を倹約で立て直す一方、西洋の技術を積極的に取り入れ、人材の育成にも力を入れたという。

 残念ながら、当時最先端だった技術力を示す現物は残されていない。それでも佐賀を訪れると「目立たない地味な県」というイメージとのギャップに驚かされるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る