佐賀「ハイテク博覧会」 維新をリードしたパワーを伝える

公開日: 更新日:

日本初の洋式大砲と実用蒸気船

 明治維新150年の節目となる今年は、各地で記念イベントが開かれている。明治維新をリードした「薩長土肥」の肥前・佐賀でも、来年1月14日まで「肥前さが幕末維新博覧会」を開催中。見応えのあるパビリオンが用意されている。

 はなわが歌う「佐賀県」では「歩きなのにヘルメット」「まるで弥生時代」と散々だが、幕末の佐賀は違った。ペリーの黒船が来航するよりも早く日本で初めて反射炉を完成させ、鉄製の洋式大砲の鋳造に成功。日本初の実用蒸気船「凌風丸」も建造している。佐賀藩は、日本のトップランナーだったのだ。

 立役者は10代藩主の鍋島直正。ぼろぼろの財政を倹約で立て直す一方、西洋の技術を積極的に取り入れ、人材の育成にも力を入れたという。

 残念ながら、当時最先端だった技術力を示す現物は残されていない。それでも佐賀を訪れると「目立たない地味な県」というイメージとのギャップに驚かされるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る