• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

佐賀「ハイテク博覧会」 維新をリードしたパワーを伝える

日本初の洋式大砲と実用蒸気船

 明治維新150年の節目となる今年は、各地で記念イベントが開かれている。明治維新をリードした「薩長土肥」の肥前・佐賀でも、来年1月14日まで「肥前さが幕末維新博覧会」を開催中。見応えのあるパビリオンが用意されている。

 はなわが歌う「佐賀県」では「歩きなのにヘルメット」「まるで弥生時代」と散々だが、幕末の佐賀は違った。ペリーの黒船が来航するよりも早く日本で初めて反射炉を完成させ、鉄製の洋式大砲の鋳造に成功。日本初の実用蒸気船「凌風丸」も建造している。佐賀藩は、日本のトップランナーだったのだ。

 立役者は10代藩主の鍋島直正。ぼろぼろの財政を倹約で立て直す一方、西洋の技術を積極的に取り入れ、人材の育成にも力を入れたという。

 残念ながら、当時最先端だった技術力を示す現物は残されていない。それでも佐賀を訪れると「目立たない地味な県」というイメージとのギャップに驚かされるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る