• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

恋愛経験なく収入不安定…無差別殺人犯にいくつかの共通項

 人間は感情を持つ動物だ。だれもが怒りや不満とも付き合いながら生きているが、中には他人に危害を加えることで自らの心を解き放とうと、狂気に走る者もいる。新幹線で隣に座った女性を殺したり、警察官の拳銃を奪って殺したり……。到底理解できない殺意の根っこには、いったい何があるのか――。

◇  ◇  ◇

 新幹線のぞみ号で3人を殺傷した小島一朗容疑者(22)は、「以前から人を殺したい願望があった」と供述しているそうだ。そんな身勝手な動機で、たまたま隣に座っていた女性を切りつけ、助けに入った会社員の梅田耕太郎さん(38)を殺害した。いずれも面識のない相手だったという。

 警察白書(2017年版)によると、殺人の被疑者と被害者が面識がなかったのは、全体の1割ほどだ。この数字は、長年ほとんど変わっていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る