• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元刑事に聞く 無差別犯になり得る“怪しい人”の見分け方は

 無差別殺人事件が相次いでいる。こうした事件が起きると「不審者に気を付けて」と注意喚起を促されるが、実際のところ反社会的勢力でもない限り見た目では分からないだろう。

 “危ない人物”を見分けることはできるのか。

「それは歩く方向と目線です」と言うのは、元警視庁刑事で防犯コンサルタントの吉川祐二氏だ。

「例えば、街中や駅構内で一方通行の集団の中にあえて逆向きに進んでいる人物です。無差別犯の場合、犯行の直前まで誰を狙うかは決めていません。物色しながら、“所在なげ”な行動をすることが多い。警察官時代も不自然に逆行する人物には声をかけていました」

 目線は、①思い詰めた感じで下を向いている、②定まっていない、のどちらかだ。

「①は犯行を決意し、何も目に入らないケース。②は、まだターゲットを定めていないため物色している。だからといって、不自然にずっと同じ方向を見ている人物も安心とは限りません。狙う相手をすでに決めた可能性がある。痴漢や盗撮犯は意外と分かりやすく、ミニスカートの女性を一点集中で見ていたりするのと同じです。そういう人物は警察もマークしています」(吉川祐二氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  8. 8

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る