民泊が“猟奇殺人”の舞台に…東京での必要性には疑問の声

公開日:

 兵庫県三田市の女性の遺体が大阪や京都の民泊施設や山林で見つかった事件。

 被害女性は、米国籍の男と大阪市東成区のマンションの民泊部屋を訪れた後、絞殺されたとみられている。国が推進する民泊が“猟奇殺人”の舞台となった格好だが、これは観光にかこつけて空き家対策もやろうというスケベ心が招いた失策の結果という。

「観光立国政策のなかでも民泊は、インバウンド対策というよりは空き家対策という色合いが強いのです。そのため普及を急ぎ過ぎて法律は整っていません。それで業者と連絡が取れない、実態が把握できないといった問題が起きています」(旅行ライターの渡辺輝乃氏)

 2020年東京五輪に向けた「宿泊施設不足」の解消も不要だ。都市未来総合研究所の「不動産レポート2017」によるとホテルの新設計画は、東京都区部で15年27件、16年に41件で、17年以降も45件に上っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る