民泊が“猟奇殺人”の舞台に…東京での必要性には疑問の声

公開日: 更新日:

 兵庫県三田市の女性の遺体が大阪や京都の民泊施設や山林で見つかった事件。

 被害女性は、米国籍の男と大阪市東成区のマンションの民泊部屋を訪れた後、絞殺されたとみられている。国が推進する民泊が“猟奇殺人”の舞台となった格好だが、これは観光にかこつけて空き家対策もやろうというスケベ心が招いた失策の結果という。

「観光立国政策のなかでも民泊は、インバウンド対策というよりは空き家対策という色合いが強いのです。そのため普及を急ぎ過ぎて法律は整っていません。それで業者と連絡が取れない、実態が把握できないといった問題が起きています」(旅行ライターの渡辺輝乃氏)

 2020年東京五輪に向けた「宿泊施設不足」の解消も不要だ。都市未来総合研究所の「不動産レポート2017」によるとホテルの新設計画は、東京都区部で15年27件、16年に41件で、17年以降も45件に上っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る