民泊が“猟奇殺人”の舞台に…東京での必要性には疑問の声

公開日:

 兵庫県三田市の女性の遺体が大阪や京都の民泊施設や山林で見つかった事件。

 被害女性は、米国籍の男と大阪市東成区のマンションの民泊部屋を訪れた後、絞殺されたとみられている。国が推進する民泊が“猟奇殺人”の舞台となった格好だが、これは観光にかこつけて空き家対策もやろうというスケベ心が招いた失策の結果という。

「観光立国政策のなかでも民泊は、インバウンド対策というよりは空き家対策という色合いが強いのです。そのため普及を急ぎ過ぎて法律は整っていません。それで業者と連絡が取れない、実態が把握できないといった問題が起きています」(旅行ライターの渡辺輝乃氏)

 2020年東京五輪に向けた「宿泊施設不足」の解消も不要だ。都市未来総合研究所の「不動産レポート2017」によるとホテルの新設計画は、東京都区部で15年27件、16年に41件で、17年以降も45件に上っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る