幸福度3回連続トップの福井県でも叶わない東北県とは…?

公開日:

 火曜サスペンス劇場でおなじみの東尋坊がある福井県。敦賀、美浜、大飯、高浜の原発からも補助金がワンサカと入ってくる。

 日本総合研究所「幸福度ランキング2018年版」で、福井県はまたしても総合1位。これで3回連続の王座に君臨している。

 福井県は各種指標でも上位に顔を出し、47都道府県のトップだけを抽出しても、「社会教育費」(3万9580円=博物館や図書館など)、「女性の労働力人口比率」(53.9%)、「子どもの運動能力」、そして「学力」などが並ぶ。頭がよく、かつスポーツ万能の児童生徒が多いのだ。

 今春は東大に10人、京大に18人が合格。高校野球で知られる福井商から初めて京大に合格した生徒が出て、県内ではちょっとした話題になった。合格者の総数こそ少なめだが、それは「大卒者進路未定者率」(1位)、「若者完全失業率」(4位)が優秀のため、地元に残っても就職の心配がないためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る