• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オマールエビ味噌汁も コスパ良しの“和モーニング”を狙え

 モーニングセットといえば、喫茶店の定番メニュー。トースト、ハムエッグ、コーヒー……が王道路線か。一方で、「やっぱり、朝はご飯じゃないと」という、和食派サラリーマンもいる。そんな人々がいま、駅ナカ・駅チカにある“和モーニング”に集まっている。

 まず、JR東京駅。八重洲中央口を入って、すぐ左手にある、おむすび処「ほんのり屋」。もちろん、単品買いもOKだが、おむすび2個に唐揚げなどが付いたオトクなセットメニュー(400円~)もある。味噌汁付きは、500円~だ。

「以前は朝7時からの営業でしたが、お客さまからのニーズもあり、営業時間を段階的に早めて、現在は朝6時から営業中です。店内に25席。テークアウトのお客さまも多いですよ」(JRフードビジネス広報担当者)

 6時台の新幹線で出張するビジネスマンの姿も目立つ。早朝、メシの時間がない人にとってはありがたい存在。夏の帰省時のために、覚えておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る