堀口茉純さんが案内する 「吉原」を満喫できる5大スポット

公開日: 更新日:

今週の執事 歴史作家・タレント堀口茉純さん

 今年、吉原が誕生して400年を迎えた。明治以降の吉原は「風俗街」としての色合いが強いが、江戸時代は違った。日本文化の中心として、花魁をはじめとする遊女たちはスターだったという。

「吉原には10年通っていますが、この3、4年の傾向として歴史散策をする女性が増えましたね。浮世絵からも分かるように、吉原の花魁は江戸のアイコン。着物の色の合わせ方とかアグレッシブで女性の憧れでした」

 こう語る執事は先般、「吉原はスゴイ 江戸文化を育んだ魅惑の遊郭」(PHP新書)を上梓。今週は、吉原を満喫する5大立ち寄りスポットを案内してもらおう。

■カストリ書房

「江戸・吉原から昭和の時代まで、全国の遊郭の専門書が集まっています。遊郭に使われていた看板や洗浄に使っていたであろうタンクもオブジェとして置いてある。本の装丁もレトロで可愛いし、女性を連れて行けば盛り上がりますね。場所は江戸時代のお歯黒溝のすぐそばですし、情緒も感じられます。賑やかかりし頃に思いを馳せてください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る