曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

鉄板焼き・お好み焼き やま七(姫路)淡路島直送のタコが売り!

公開日: 更新日:

 姫路東ランプから南東へ5分ほど走った所に「やま七」なる店がある。ジャンルとしては鉄板焼き・お好み焼きの店だが、何といっても売りは、海鮮系料理。店主の眞木勝也さんは、淡路島の漁師町・富島の出身で、自身も20年間、兵庫県漁連で働いていた。

「父もおじも現役の漁師。とった魚を送ってくれるので、それらを鉄板焼きにして提供しています」と話す。

 富島といえば北淡タコの産地。一説には明石ダコよりうまいとの評価もあって、この店に来店する姫路・坊勢の漁師たちが口をそろえて称えるほどだ。その富島のタコが使われているのが、やま七焼き(1150円)。これは豚玉(お好み焼き)の上に炒めたタコ、エビ、イカがのったもの。

「初めは具材として中に入れていたのですが、入り切らずにはみ出てしまうので、結局は甲殻類をのせて提供することにしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る