奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

国産豚肉の80%から耐性菌検出 養豚は抗生物質を大量投与

公開日:

 このうち豚用に使われた抗菌剤は約500トンで、畜産の半分を占める。ちなみに2番目が水産用、つまり養殖魚で約100トンだ。いまや日本人が消費する魚の半分は養殖魚だといわれているが、その大半が抗菌剤を使って育てたものだ。

 養鶏(肉用鶏)は3番目である。抗菌剤の半分が豚に使われているのに、耐性菌があらわれないはずはない。

 たとえば最もよく使われる抗菌剤はテトラサイクリン系だが、牛ではこの耐性菌は20%前後なのに豚では約60%にものぼる。

 テトラサイクリン系抗菌薬は肺炎やライム病、マイコプラズマ肺炎、クラミジア性感染症に使われる。元気な時はともかく、免疫が低下したときに、こうした耐性菌があれば命取りにもなりかねないだろう。(つづく)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る