奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

形や色だけは同じでも…ハウス栽培野菜の“中身”は別物

公開日:

 最近の野菜は、30年前と比べても“微量元素”が激減し、中身がスカスカになっている。なぜ野菜からミネラルやビタミンが消えてしまったのだろうか。

 たとえば亜鉛だが、過剰であっても欠乏しても生殖能力が低下する。亜鉛不足の人が多いらしく、日本の深刻な少子化問題も亜鉛の欠乏ではないかといわれているほどである。「草食系男子」なんて、亜鉛不足によって生まれたようなものかもしれない。だからといって、亜鉛も過剰になると貧血や味覚・嗅覚の低下につながり、欠乏すると免疫が低下したり成長が止まったりする。

 マンガンは過剰になるとインポテンツや無気力になり、欠乏すると血液が固まりにくくなったりする。

 では、なぜ野菜からこうした微量元素が消えたのか。ひとつの原因は、野菜の旬を忘れて食べるようになったからである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る