• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

形や色だけは同じでも…ハウス栽培野菜の“中身”は別物

 最近の野菜は、30年前と比べても“微量元素”が激減し、中身がスカスカになっている。なぜ野菜からミネラルやビタミンが消えてしまったのだろうか。

 たとえば亜鉛だが、過剰であっても欠乏しても生殖能力が低下する。亜鉛不足の人が多いらしく、日本の深刻な少子化問題も亜鉛の欠乏ではないかといわれているほどである。「草食系男子」なんて、亜鉛不足によって生まれたようなものかもしれない。だからといって、亜鉛も過剰になると貧血や味覚・嗅覚の低下につながり、欠乏すると免疫が低下したり成長が止まったりする。

 マンガンは過剰になるとインポテンツや無気力になり、欠乏すると血液が固まりにくくなったりする。

 では、なぜ野菜からこうした微量元素が消えたのか。ひとつの原因は、野菜の旬を忘れて食べるようになったからである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る