奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)がある。

形や色だけは同じでも…ハウス栽培野菜の“中身”は別物

公開日: 更新日:

 最近の野菜は、30年前と比べても“微量元素”が激減し、中身がスカスカになっている。なぜ野菜からミネラルやビタミンが消えてしまったのだろうか。

 たとえば亜鉛だが、過剰であっても欠乏しても生殖能力が低下する。亜鉛不足の人が多いらしく、日本の深刻な少子化問題も亜鉛の欠乏ではないかといわれているほどである。「草食系男子」なんて、亜鉛不足によって生まれたようなものかもしれない。だからといって、亜鉛も過剰になると貧血や味覚・嗅覚の低下につながり、欠乏すると免疫が低下したり成長が止まったりする。

 マンガンは過剰になるとインポテンツや無気力になり、欠乏すると血液が固まりにくくなったりする。

 では、なぜ野菜からこうした微量元素が消えたのか。ひとつの原因は、野菜の旬を忘れて食べるようになったからである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る