奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。近著に「ゆかいな認知症 介護を『快護』に変える人」(講談社現代新書)がある。

食べても無意味? 水煮野菜には抗酸化物質が残っていない

公開日: 更新日:

 最近はスーパーに行くと、煮た野菜をそのままパッキングした「水煮野菜」が売られているのが目につくようになった。数年前とくらべると種類も増えたし、使い勝手もよくなったようだ。

 野菜は、もちろん国産もあるが、たいてい中国産である。それをカットして煮るのだが、そのままでは汁が濁るから、水煮と水洗いを繰り返して、最後にリン酸塩を添加して濁りをとることが多い。それをパッキングして冷凍するか、もしくは加熱殺菌処理したものが輸入される。

 ちなみに、独立行政法人「農畜産業振興機構」の調べによると、「水煮野菜」に使われる野菜の産地について、スーパーでは85・7%が、総菜事業者は88・2%が「原産国にこだわらない」と答えているから、国産はきわめて少ないと思われる。

 冷凍食品もだいたいこの数字に近く、あえて「国産」と書いていないかぎりは輸入野菜である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る