リラ急落で高級ブランド激安 イスタンブール旅行はお得?

公開日:

 今や世界で最も高級ブランド品が安く買えるんじゃないか。トルコでの米国人牧師拘束への報復措置で、トランプ政権が鉄鋼の関税を引き上げ、トルコの通貨リラは急落。14日は1リラ=15円台を底値に一時的に下げ止まり、投資家の警戒感は和らいだが、リラ売り再開のリスクは残ったままだ。

 南アのランドやインドのルピーといった新興国通貨の下落など、世界で金融不安が高まるなか、トルコ・リラ急落に歓喜している人もいる。トルコの最大都市イスタンブールのアブディ・イペクチ通りには、ルイ・ヴィトンやシャネル、エルメスといった高級ブランド店が立ち並ぶ。そこに湾岸諸国や中国といったアジア系を中心とする海外旅行客が殺到。スマホで最新の為替を確認しながら、ドルやユーロで買い物を楽しんでいるという。

 トルコ・リラ安の現在、日本円で買い物をすると、どのくらいお得なのか。イスタンブールのブランド街では、シャネルのカメラバッグが1万8500リラで売られているが、これを1年前(1リラ=約32円)に購入すれば、日本円で59万円ほど。それが14日の底値1リラ=約15円で換算すると、約27万7500円となり、半値以下の値段となるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る