リラ急落で高級ブランド激安 イスタンブール旅行はお得?

公開日:

 今や世界で最も高級ブランド品が安く買えるんじゃないか。トルコでの米国人牧師拘束への報復措置で、トランプ政権が鉄鋼の関税を引き上げ、トルコの通貨リラは急落。14日は1リラ=15円台を底値に一時的に下げ止まり、投資家の警戒感は和らいだが、リラ売り再開のリスクは残ったままだ。

 南アのランドやインドのルピーといった新興国通貨の下落など、世界で金融不安が高まるなか、トルコ・リラ急落に歓喜している人もいる。トルコの最大都市イスタンブールのアブディ・イペクチ通りには、ルイ・ヴィトンやシャネル、エルメスといった高級ブランド店が立ち並ぶ。そこに湾岸諸国や中国といったアジア系を中心とする海外旅行客が殺到。スマホで最新の為替を確認しながら、ドルやユーロで買い物を楽しんでいるという。

 トルコ・リラ安の現在、日本円で買い物をすると、どのくらいお得なのか。イスタンブールのブランド街では、シャネルのカメラバッグが1万8500リラで売られているが、これを1年前(1リラ=約32円)に購入すれば、日本円で59万円ほど。それが14日の底値1リラ=約15円で換算すると、約27万7500円となり、半値以下の値段となるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る