野菜高騰も安値キープ ジャガイモとタマネギが家計を救う

公開日:

 庶民の救世主だ――。猛暑の影響で野菜が高騰し、家計を直撃している。長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」は10日から、野菜高騰を理由にほぼ国内全店舗で13品目平均3.3%値上げした。外食産業の価格転嫁は、野菜高騰の長期化を思わせる。生活必需品である野菜の値上がりはホントに頭が痛い。

 農水省が発表した主要野菜14品目の卸売価格について、平年比で高い順に並べてみた(別表)。 ハクサイ、キャベツの2倍超をはじめ、10品目もが例年より2割以上高い水準だ。逆に、残りの4品目は猛暑にもかかわらず、平年並みか安値で踏ん張っている。ニンジン、サトイモ、タマネギ、バレイショ(ジャガイモ)――。どれも土の中で生育する野菜である。防空壕ではないが、地上が猛暑、豪雨に見舞われても、地中は“安心”ということなのか。農水省に聞いた。

「食べる部分が地中で育つからといって、暑さに強いわけではありません。地上の葉の部分がやられると地中部分もダメになりますから。今回の卸売価格の発表でも、地中で育つダイコンは、6月中旬以降の長雨、日照不足で生育が低下し、大幅に高く(57%高)なっています。一方、ニンジンは生育が回復傾向にあり、やや高(5%高)で済み、今後も、平年並みの価格で推移する見通しです。地上か地中かではなく、生育時の気象状況など環境で決まるのです」(生産局園芸作物課の担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る