「男・山根明」は辞任表明…自分を名前で呼ぶ人のメンタル

公開日:

 とにもかくにも「歴史の男」が辞任を表明したが、日本ボクシング連盟終身会長だった山根明氏(78)は、いちいち言うことが大げさだ。

 辞任表明前日の7日、山根氏は報道陣に向かって「私は、歴史に生まれた、歴史の男」と見えを切ってみせた。まあ、歴史に名を残すかは後世が決めることだが、山根氏は、自分で自分のことを「男・山根明は」とか「山根会長は」とか呼んだりもする。

「YAZAWAじゃあるまいし」なんてツッコミが聞こえてきそうだが、「かおりはねえ」なんて自分を自分の名前で呼ぶ女性もいたりする。こういうタイプには何か“共通点”があるのか。

「これはあくまで一般論ですが、ひと言で言えば自分に自信がない人ですね」と、米心理学博士で医学博士の鈴木丈織氏がこう続ける。

「自信がないからこそ、自分で自分の名前を呼ぶなど強く自己アピールしないと他人に存在を認めてもらえないと思っているし、自分で自分自身も認められないのです。その自己アピールも芝居がかっていたりする。弱い犬ほどよく吠えるではありませんが、語気を荒らげて威嚇したり、逆に泣き叫んだり、人によってはことさらオドオドしたりと、いちいちオーバー。そうやって周囲の関心を引き、相手のリアクションを見て、自分の存在が認められたと感じるわけです。“大物政治家”にも似た人がいますが、サングラスや、派手な帽子にスーツなんて服装もその表れです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る